関東ハウスサービス

戸建て住宅の基礎補強工事やリフォームはお任せください!

お問い合わせ

046-240-8250

会社概要

未分類

水道管の凍結

皆様こんにちは。年内最後のブログは村山が担当いたします!!

最近は寒くて手と足が凍りそうです❄️

皆様お風邪など引いてはいないでしょうか?人は寒さが苦手ですよね?実は身近にあるものも寒さが弱いのです😳

 

 

それは、、、なんと、、、水道管です‼️

 

 

水道管は寒さが苦手です。
水道管が凍ってしまうと水が出なくなったり、破裂して水漏れが発生することがあります。
特に寒冷地だと凍結による破裂の可能性が高くなります。
水の入ったペットボトルを冷凍庫に入れて凍らすと、ペットボトルがパンパンに膨らみます。これと同じことが水道管内でも起こると、水道管内で膨張した氷によって水道管が割れたり、接続部が破損したりしてしまうのです。

水道管が凍結しやすい条件
①外気温がマイナス4度以下のとき。
②一日中、外気温が氷点下の「真冬日」が続くとき。
③旅行などで長期間水道を使用しないとき。

水道管の破裂で水漏れになり、大量の水漏れになった場合床に水が溜まり、建物に甚大な問題を引き起こす可能性があります。家具など、家財にダメージを与える程度であれば20〜30万円程度、柱を腐食させてしまうような被害にまで発展すると、100万円以上かかるような場合もあります😳

このような被害を出さない為にも予防策はしっかりしておきましょう。
寒くなりそうな日の前に水道栓を少し開いておき、ちょろちょろと水が流れる状態にしておくことや外に露出している水道管であれば、布や保温チューブを被せてテープで巻いておいたりするとよいです。
また、床下に通っている水道管に関しては予防がしにくいので、常日頃から点検をして対策を取る事がとても大事です。

これからどんどん寒くなっていきます。
真冬が来る前にお家の水道管の事も気にかけて下さいね😌

 

 

一年間ブログをご覧頂きありがとうございました!!😊
それでは皆様良いお年をお迎えください🎍
来年もよろしくお願い致します!!

 

 

カテゴリー

関東ハウスサービス